みなさん、こんにちは。

キャリアセッション主宰の鵜野 紀彦です。

 

第165回の開催レポートをお送りします。

今回の参加者は40名でした。

そのうち30名の方が懇親会まで参加していただきました。

懇親会は特別な事情でドタキャンの方が2名ほど

いらっしゃいましたが、逆にドタ参加の方がとても多く、

座席数を急きょ追加しました。(ご対応いただいたお店に感謝です)

懇親会にこれだけの方々が多く残っていただけるということは

会に満足していただいているというバロメータですので、とても嬉しいことです。

(時間とお金を割いて懇親会に来ていただいている訳ですからね)

 

今回はセミナー講師を立てず、起業家向けのビジネススクール的に

2つのワークを行っていただきました。

一つ目は「キャッチ―な肩書を作ろう」というテーマでした。

運営協力の杉山さんの肩書は秀逸ですが、その肩書を作るまでの

杉山さんの考えるコツを学び、その後、自己分析シートを使って

ご自身で自己分析をして、グループ内で発表をしていただくという流れでした。

グループ内ではその肩書に対して良かった部分、ダメな部分の意見を出してもらい

ブラッシュアップするというワークを行いました。

最後にグループ内で一番出来が良いであろうという肩書を全員の前で

発表していただきました。

ビフォーアフターで比べるとその人が何をしている人か

何を得意としているかが見違えるほど変わりました。

すぐにそこに到達できなかった人に関しても、今後ご自身の

肩書を考える上でヒントになっていただけたのではないでしょうか?

 

そして2つ目のワークは2人1組になって

ネゴシエーション能力を鍛えるワークでした。

状況の違う2つの文章を配りよく読んでいただきます。

それぞれの主張点があるのですが、いかに2人で協調して

落としどころを見つけるかがこのワークの目的です。

相手の話を良く聞き、自分のことだけではなく相手の言い分を理解し、

そして自身のこうしたいという主張も上手に伝える。

そして、お互いが気持ちよく任務遂行できるところを見つけていくという

のがこのワークのゴールです。

 

ビジネスをしていく上でも、ネゴシエーション能力が高いか

低いかで、そのあとの結果が大きく変わってきます。

できるビジネスパーソンは自然と行っていることですね。

 

最後に結果発表を何人かの方にしていただきましたが、

キャリアセッションの参加者の方々は非常にレベルが高いなというのが

率直な感想です。

この会の理念に「利他の精神」を掲げているだけあって、

本当に利他の精神で対応されている方が多かったのに驚きました。

 

ワークを通しての感想は皆さんがとても生き生きと、そして積極的に参加されていたのが

印象的でした。

「多くの学びをもらいました。またやってください」という

嬉しい感想もいただきました。

また継続的に開催したい思います。

 

懇親会はもちろん大盛り上がりでしたよ(笑)

 

是非、来月もよろしくお願いします。

来月は7月10日(月)の開催です。

 

横浜異業種交流会

キャリアセッション

主宰 鵜野 紀彦